« 『変わらないために変わり続ける』発売中です! | トップページ | ラジオ番組に出演します »

2015年6月 5日 (金)

『フェルメール 光の王国展』、銀座の永井画廊で開催中です

Dsc_0525_2_2


『フェルメール 光の王国展~フェルメール作品に隠された3つの秘密~』が、東京・銀座の永井画廊で630日(火)まで開催されています。

現在確認されているフェルメールの全作品、37点を、リ・クリエイトされた複製画によって一堂に会した展覧会です。

「リ・クリエイト」とは、作品の再創造という新しい複製画の手法です。
これまでの複製画は、オリジナル(原画)に忠実であることが重要視されてきました。しかし、オリジナルは経年や修復、洗浄による退色や変化が避けられず、状態はさまざま。それでは、350年前にフェルメールが求めた色彩とはどういうものだったのでしょう。
『フェルメール 光の王国展』では、科学的な検証、技術的な修正、さらに人的な感性を結集し、フェルメールが描いたであろう色彩を求め、誰も見たことのない鮮やかなフェルメール作品を完成させました。

全ての作品は原寸大でキャンバス地に印刷し、各所蔵美術館のオリジナルと限りなく近い額に収められています。
会場では、作品に直に触れることや、写真撮影も可能です。リ・クリエイト作品ならではの楽しみ方で、フェルメールの魅力を感じてください!

2012
年から始まった『フェルメール 光の王国展』。今回の会場、永井画廊の展示では、新たにAR(拡張現実)技術を導入し、より深く、体感的に作品を理解していただくための試みも始まっています。何が起こるかは、ぜひ会場で、皆さんの目で確かめてみてください!


詳しくは、『フェルメール
光の王国展』のホームページをご覧ください。
公式HPhttp://www.re-create.gallery/vermeer2015q2/

フェルメールセンター銀座
TEL:03-5537-3150
http://www.vermeer-center-ginza.com/

« 『変わらないために変わり続ける』発売中です! | トップページ | ラジオ番組に出演します »

講演・イベント」カテゴリの記事

コメント

先生にお聞きしたくてお尋ねする場所が見つからず申し訳ありませんが此処に書かせて戴きます Netで養老博士ともうひとかた仏教界のお方と先生の対談を大変興味深く拝見しました その中でDynamiciEquilibriumですが、養老先生の本にもありましたが我々の身体を作る細胞が思って居た以上に早く入れ替わることに大変驚いて居りました 先生のお話で1年前の自分は今の自分ではないから借金は返さなくて良い、と言うのはJOKEとしては大変面白いのですが、人のユニークさは個々の構成要素そのものとは無関係なのではないでしょうか? 細胞だと知識が乏しいので分子あるいは原子で考えて良いとすれば、分子原子は元より太郎とか次郎の様には区別出来ない、つまり個性はありませんから、幾ら入れ替わっても全体が変わったことにはそもそもなりません そうではなくて構成単位の配列というか、組み合わせ(の様な物)に個性は宿るのではないでしょうか? この配列組み合わせも無論微妙に変わって行きますが(成長/老化など)それでもやはり1年経っても、自分の女房が隣の綺麗な奥さんと入れ替わって居たりはしない、と思うのです 以上、稚拙な質問で申し訳ありませんが、折角良いお話しを誤解したままでは勿体ないと思いまして、先生のお話の何処を誤解しているのか教えて戴ければ幸いです

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1072489/60262205

この記事へのトラックバック一覧です: 『フェルメール 光の王国展』、銀座の永井画廊で開催中です:

« 『変わらないために変わり続ける』発売中です! | トップページ | ラジオ番組に出演します »

フォト

プロフィール

  • 福岡伸一
    生物学者・青山学院大学教授。1959年東京生まれ。京都大学卒。ベストセラー『生物と無生物のあいだ』、『動的平衡』ほか、「生命とは何か」を分かりやすく解説した著書多数。他に『世界は分けてもわからない』、『できそこないの男たち』、『動的平衡2』、『ルリボシカミキリの青』、『フェルメール 光の王国』、『せいめいのはなし』、『福岡ハカセの本棚』、『生命の逆襲』、『動的平衡ダイアローグ』など。

    ※お仕事に関するお問い合わせは、下記へお願いします。
    (株)トド・プレス
    福岡伸一担当
    TEL:03-3524-9572(木楽舎 内)

連載

その他の活動

  • 有限責任中間法人ロハスクラブ理事
    朝日新聞書評委員
無料ブログはココログ