« 2014年5月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年6月

2015年6月29日 (月)

ご参加ありがとうございました

Dsc_0537_2

626日(金)に行われた、「福岡伸一と観るフェルメール鑑賞ツアー」2弾の様子です。
参加者の皆さま、当日は雨の中ご来場いただき、ありがとうございました!


リクリエイトならではの色彩や仕掛け、全作品を時代順に並べることで見えてくる
フェルメール作品の文脈、お楽しみいただけたでしょうか。

銀座・永井画廊での展示は明日、630日(火)までとなっております。
この機会に、どうぞ「触れるフェルメール」を楽しんでください。

2015年6月15日 (月)

近刊のご報告

福岡ハカセの翻訳による絵本、『ライフタイム』がポプラ社より発売されました!

『ライフタイム―いきものの一生と数字

Photo


ポプラ社刊
ローラ・M・シェファー/作
クリストファー・サイラス・ニール/絵
福岡伸一/訳
定価1620円(税込)

生きものにかくれた「数字」の驚きを発見する科学絵本!
一生の間に生えかわるイルカの歯は100本。キリンの体の模様の数は200コ・・・・・・。
生きものたちの一生と、そこにある数字の驚きをグラフィカルなイラストで楽しむ絵本です。

どうぞよろしくお願いいたします。

「福岡伸一と観るフェルメール鑑賞ツアー」第2弾!

今年4月に銀座の永井画廊で行われた「福岡伸一と観るフェルメール鑑賞ツアー」、第2弾の開催が決定いたしました。

現在確認されているフェルメールの全作品
37点をリ・クリエイトし、一堂に会した『フェルメール 光の王国展』。
自他ともに認める“フェルメールオタク”にして、本展の監修を務める福岡ハカセが、作品の解説をしながらギャラリーをご案内いたします!

日時:
6/26() 18:30~20:00
会場:永井画廊458F
参加者:15
料金:3,000円(税込・1 Drink付き)
内容:本展監修の福岡ハカセによる解説付きのギャラリーツアー
ご予約:永井画廊受付、またはお電話(03-3547-9930)にて承ります

ぜひご参加ください!
銀座・永井画廊でお会いしましょう。

2015年6月 6日 (土)

ラジオ番組に出演します

ニューヨークから帰国した福岡ハカセが、久しぶりにラジオ番組に出演します。

J-WAVE
LOHAS TALK
68日(月)~12日(金) 20402050

ハカセのニューヨークでの研究生活や、2012年からスタートしている「フェルメール光の王国展」、最新著書『変わらないために変わり続ける』などについて語ります。

ぜひお聴きください。

J-WAVE
LOHAS TALK」ホームページ
http://www.j-wave.co.jp/blog/lohastalk/

2015年6月 5日 (金)

『フェルメール 光の王国展』、銀座の永井画廊で開催中です

Dsc_0525_2_2


『フェルメール 光の王国展~フェルメール作品に隠された3つの秘密~』が、東京・銀座の永井画廊で630日(火)まで開催されています。

現在確認されているフェルメールの全作品、37点を、リ・クリエイトされた複製画によって一堂に会した展覧会です。

「リ・クリエイト」とは、作品の再創造という新しい複製画の手法です。
これまでの複製画は、オリジナル(原画)に忠実であることが重要視されてきました。しかし、オリジナルは経年や修復、洗浄による退色や変化が避けられず、状態はさまざま。それでは、350年前にフェルメールが求めた色彩とはどういうものだったのでしょう。
『フェルメール 光の王国展』では、科学的な検証、技術的な修正、さらに人的な感性を結集し、フェルメールが描いたであろう色彩を求め、誰も見たことのない鮮やかなフェルメール作品を完成させました。

全ての作品は原寸大でキャンバス地に印刷し、各所蔵美術館のオリジナルと限りなく近い額に収められています。
会場では、作品に直に触れることや、写真撮影も可能です。リ・クリエイト作品ならではの楽しみ方で、フェルメールの魅力を感じてください!

2012
年から始まった『フェルメール 光の王国展』。今回の会場、永井画廊の展示では、新たにAR(拡張現実)技術を導入し、より深く、体感的に作品を理解していただくための試みも始まっています。何が起こるかは、ぜひ会場で、皆さんの目で確かめてみてください!


詳しくは、『フェルメール
光の王国展』のホームページをご覧ください。
公式HPhttp://www.re-create.gallery/vermeer2015q2/

フェルメールセンター銀座
TEL:03-5537-3150
http://www.vermeer-center-ginza.com/

2015年6月 3日 (水)

『変わらないために変わり続ける』発売中です!

週刊文春で連載中のコラム、『福岡ハカセのマンハッタンマトリクス』をまとめた単行本、
『変わらないために変わり続ける マンハッタンで見つけた科学と芸術』が文藝春秋から発売中です!

『変わらないために変わり続ける マンハッタンで見つけた科学と芸術』

Photo

文藝春秋刊
定価1404円(税込)
未知の巨大ウイルス、記憶に作用するホルモン、NYの片隅のフェルメール。
かつてこの街で科学を学んだ。
今、この街で芸術にふるえる。


ロックフェラー大学の客員教授として、ニューヨークで過ごした
2年間を綴ったエッセイとなります。
どうぞよろしくお願いいたします!

« 2014年5月 | トップページ | 2015年9月 »

フォト

プロフィール

  • 福岡伸一
    生物学者・青山学院大学教授。1959年東京生まれ。京都大学卒。ベストセラー『生物と無生物のあいだ』、『動的平衡』ほか、「生命とは何か」を分かりやすく解説した著書多数。他に『世界は分けてもわからない』、『できそこないの男たち』、『動的平衡2』、『ルリボシカミキリの青』、『フェルメール 光の王国』、『せいめいのはなし』、『福岡ハカセの本棚』、『生命の逆襲』、『動的平衡ダイアローグ』など。

    ※お仕事に関するお問い合わせは、下記へお願いします。
    (株)トド・プレス
    福岡伸一担当
    TEL:03-3524-9572(木楽舎 内)

連載

その他の活動

  • 有限責任中間法人ロハスクラブ理事
    朝日新聞書評委員
無料ブログはココログ