« 新刊発売のお知らせ | トップページ | 福岡訳『ドリトル先生航海記』が発売されました! »

2014年3月10日 (月)

朝日新聞教育プロジェクトに寄稿しています

朝日新聞デジタルの特集「教育2014 世界は 日本は」に福岡ハカセが寄稿しています。

ぜひご覧ください。

また、朝日新聞 教育取材班のFacebookも同じ記事が掲載されていますので
ぜひ、フォローをお願いします!

« 新刊発売のお知らせ | トップページ | 福岡訳『ドリトル先生航海記』が発売されました! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

福岡博士 こんにちは。
週刊文春コラム;マンハッタン・マトリックス 愛読者です。
3月6日号、日々の超常現象の内容が大変興味深かったです。

疑問なのですが、肝臓の遺伝子リズムは本体に合わせて動いてるとして、時差のある離れた距離に置いた場合でも本体と同じリズムを刻むのでしょうか。

肝臓の元の本体(本人)が天国に逝った場合でも細胞は動くと思うのですがその場合何に呼応して動き続けるんでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1072489/55319216

この記事へのトラックバック一覧です: 朝日新聞教育プロジェクトに寄稿しています:

« 新刊発売のお知らせ | トップページ | 福岡訳『ドリトル先生航海記』が発売されました! »

フォト

プロフィール

  • 福岡伸一
    生物学者・青山学院大学教授。1959年東京生まれ。京都大学卒。ベストセラー『生物と無生物のあいだ』、『動的平衡』ほか、「生命とは何か」を分かりやすく解説した著書多数。他に『世界は分けてもわからない』、『できそこないの男たち』、『動的平衡2』、『ルリボシカミキリの青』、『フェルメール 光の王国』、『せいめいのはなし』、『福岡ハカセの本棚』、『生命の逆襲』、『動的平衡ダイアローグ』など。

    ※お仕事に関するお問い合わせは、下記へお願いします。
    (株)トド・プレス
    福岡伸一担当
    TEL:03-3524-9572(木楽舎 内)

連載

その他の活動

  • 有限責任中間法人ロハスクラブ理事
    朝日新聞書評委員
無料ブログはココログ