« 朝日新聞教育プロジェクトに寄稿しています | トップページ | 福岡ハカセ監修「ミミクリーズ」放送のお知らせ »

2014年3月27日 (木)

福岡訳『ドリトル先生航海記』が発売されました!

3月28日に、福岡ハカセの翻訳による

『ドリトル先生航海記』(新潮モダン・クラシックス)

が発売されました。

Blog

「小学生の頃にこの本と出会って以来、
ずっとスタビンズ少年になりたかった。
そしてドリトル先生のような博物学者になろうと決めた」
というハカセによる新訳版がついに完成!
ドリトル先生との心おどる冒険の旅を、ぜひお楽しみください。

« 朝日新聞教育プロジェクトに寄稿しています | トップページ | 福岡ハカセ監修「ミミクリーズ」放送のお知らせ »

書籍(翻訳)」カテゴリの記事

コメント

私も、中学時代に図書室のドリトル先生シリーズに魅せられて読みふけったクチです。福岡先生もあの本に魅せられて、しかも博物学者になろうと思われたなんてびっくりです。先生の訳にはとても興味があります。
本日、岡山のフェリメール展を見て来て、福岡先生の映像も見せていただきました。深い所はよくわかりませんがフェリメールの絵の魅力にはまりました。

日経新聞の小文を読みました。ただ、ワトソン氏の記述には違和感があります。
女性科学者達の人生を書いた本があり、そこで、ワトソン氏がフランスの女性科学者の机上にあった螺旋の電子写真を盗み見て、彼女よりも先に螺旋だとの小文を科学誌に掲載し、これでノーベル賞を得たとのことが記載されていました。更に、ワトソン氏は生涯に渉りわけの判らない理由を上げては彼女を非難し続けたとも書かれていました。
ワトソン氏への賞賛は少々問題がありそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1072489/55541098

この記事へのトラックバック一覧です: 福岡訳『ドリトル先生航海記』が発売されました!:

« 朝日新聞教育プロジェクトに寄稿しています | トップページ | 福岡ハカセ監修「ミミクリーズ」放送のお知らせ »

フォト

プロフィール

  • 福岡伸一
    生物学者・青山学院大学教授。1959年東京生まれ。京都大学卒。ベストセラー『生物と無生物のあいだ』、『動的平衡』ほか、「生命とは何か」を分かりやすく解説した著書多数。他に『世界は分けてもわからない』、『できそこないの男たち』、『動的平衡2』、『ルリボシカミキリの青』、『フェルメール 光の王国』、『せいめいのはなし』、『福岡ハカセの本棚』、『生命の逆襲』、『動的平衡ダイアローグ』など。

    ※お仕事に関するお問い合わせは、下記へお願いします。
    (株)トド・プレス
    福岡伸一担当
    TEL:03-3524-9572(木楽舎 内)

連載

その他の活動

  • 有限責任中間法人ロハスクラブ理事
    朝日新聞書評委員
無料ブログはココログ