« 講演会のお知らせ | トップページ | 講演会&サイン会を開催します »

2011年6月 6日 (月)

「いのちドラマチック」第1集が発売されました

Inochi_hyoushi1_2

NHK BSプレミアムでレギュラー出演中の
番組「いのちドラマチック」
この度、本になりました!
第1集では、これまで放送した中から
反響の大きかった
「ブルドッグ」「ミツバチ」「ソメイヨシノ」など、
わたしたちの身近な“いのち”の誕生に
秘められた驚きのドラマを掲載しています。

番組をご覧になっている方も見ていない方も、ぜひ読んでみてください!

※番組HPはこちら


« 講演会のお知らせ | トップページ | 講演会&サイン会を開催します »

書籍(著書)」カテゴリの記事

コメント

楽しみですbud

この番組が
福岡先生を知るきっかけになったのでclover

raraさん、コメントありがとうございます!
番組の内容はもちろん、ちょっとした雑学知識なども掲載して
楽しめる本になっていますので、ぜひお買い求めいただけたら
嬉しいです♪ これからもシリーズとして出版して行く予定ですので、
番組ともども、今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

 はじめまして。生物学に興味を持つ者です。
 
 昨日、『動的平衡』をワクワクしながら読み終えました。
 数年前に『生物と無生物のあいだ』を読んだ時は、
辞書を引きながらだったので、勉強になったという感想でしたが、
今回はずっとワクワク感が続いて楽しかったです。

 この中で、異常型プリオンタンパク質に興味を持ちました。
詳しくは『プリオン説はほんとうか?』を次に読む予定ですが、
ヒトにヤコブ病を発症させる病原体は、どのくらい煮沸すると死ぬのでしょうか?(死ぬというか感染力が無くなる煮沸方法です)
 お忙しい中申し訳ありませんが、御返答頂けたら幸いです。


福岡さんの書籍を読んで以来、遺伝子というものにすごく興味を持ちました。最近気になるものに遺伝子量補償があるんですが遺伝子量補償は子孫を残すために必要不可欠なんですか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1072489/40290187

この記事へのトラックバック一覧です: 「いのちドラマチック」第1集が発売されました:

« 講演会のお知らせ | トップページ | 講演会&サイン会を開催します »

フォト

プロフィール

  • 福岡伸一
    生物学者・青山学院大学教授。1959年東京生まれ。京都大学卒。ベストセラー『生物と無生物のあいだ』、『動的平衡』ほか、「生命とは何か」を分かりやすく解説した著書多数。他に『世界は分けてもわからない』、『できそこないの男たち』、『動的平衡2』、『ルリボシカミキリの青』、『フェルメール 光の王国』、『せいめいのはなし』、『福岡ハカセの本棚』、『生命の逆襲』、『動的平衡ダイアローグ』など。

    ※お仕事に関するお問い合わせは、下記へお願いします。
    (株)トド・プレス
    福岡伸一担当
    TEL:03-3524-9572(木楽舎 内)

連載

その他の活動

  • 有限責任中間法人ロハスクラブ理事
    朝日新聞書評委員
無料ブログはココログ