« 対談集が発売されました | トップページ | 番組出演情報 »

2010年7月13日 (火)

書評が掲載されました

7月11日(日)の読売新聞・書評欄「本よみうり堂」に、
『ルリボシカミキリの青』の書評が掲載されました。
書評全文は、こちらのサイトでご覧いただけます。

« 対談集が発売されました | トップページ | 番組出演情報 »

書籍(著書)」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。

40代男性です。

今「ルリボシカミキリの青」を読んでいるところです。
111ページに感動しました。

効率ばかり追いがちな人生に、プロセスこそが大切なんだと教わって目からウロコです。

また、自分の中にあった漠然とした考えは、まさにこのことだよねと気づかせていただきました。

うまく言えませんが、なにか東洋思想に通じるような気がしました。

「世界は分けてもわからない」も同じような感覚です。
そのものをそのまま丸ごと包含して捉えようとする姿勢がおもしろく感じます。

まだ読みかけですが、もしかしたらブログでもあるのでは、と思って見つけました。

私にとって知的好奇心を呼び起こさせる先生の著書は、贅沢な時間です。

これからも楽しみにしています。

(ちなみに1ヶ月くらい前の日経新聞にも書評が載ってました。それでこの本を知りました)

暑い時期ですので、ご自愛ください。

はじめまして。
プロローグ、素晴らしいですね。
小学生と幼稚園の読んであげました。
今も昔もセンセイはワンダーボーイですね。

ところでセンセイはR&BもしくはRolling Stonesのファンですね。
第一章第一項でチョンバレですよ。

今後ともセンセイの御活躍をお祈りいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1072489/35739025

この記事へのトラックバック一覧です: 書評が掲載されました:

« 対談集が発売されました | トップページ | 番組出演情報 »

フォト

プロフィール

  • 福岡伸一
    生物学者・青山学院大学教授。1959年東京生まれ。京都大学卒。ベストセラー『生物と無生物のあいだ』、『動的平衡』ほか、「生命とは何か」を分かりやすく解説した著書多数。他に『世界は分けてもわからない』、『できそこないの男たち』、『動的平衡2』、『ルリボシカミキリの青』、『フェルメール 光の王国』、『せいめいのはなし』、『福岡ハカセの本棚』、『生命の逆襲』、『動的平衡ダイアローグ』など。

    ※お仕事に関するお問い合わせは、下記へお願いします。
    (株)トド・プレス
    福岡伸一担当
    TEL:03-3524-9572(木楽舎 内)

連載

その他の活動

  • 有限責任中間法人ロハスクラブ理事
    朝日新聞書評委員
無料ブログはココログ