« 『生命と食』 | トップページ | 活動情報掲載ブログをオープンしました。 »

2008年8月 6日 (水)

新刊が発売されました!

できそこないの男たち (光文社新書 371)

できそこないの男たち (光文社新書 371)

著者:福岡伸一

できそこないの男たち (光文社新書 371)

10月17日に最新著書『できそこないの男たち』が光文社より発売されました。

●〈生命の基本仕様〉ーそれは女である。男は単なる“使い走り”に過ぎないー。
分子生物学が明らかにした、男を男たらしめる「秘密の鍵」。
SRY遺伝子の発見をめぐる、
研究者たちの白熱したレースと駆け引きの息吹を伝えながら
《女と男》の《本当の関係》に迫る、あざやかな考察。

ぜひ、ご一読ください。

« 『生命と食』 | トップページ | 活動情報掲載ブログをオープンしました。 »

書籍(著書)」カテゴリの記事

コメント

この新刊は、福岡さんらしからぬ(本当はらしい?)、かなり情緒的な結びがあって、そして出版社の思惑も有り、科学的な部分を端織、幼稚な、受け狙いの表現に終結していった様に感じられました。福岡さんが最初に提示された題名を知りたく思います。より深い理解の為に教えて下さい。また、生命全般をエネルギー理論を含め、我々が認識している宇宙(次元)だけで捕らえるのは、貴方が批判された野口先生と同じ轍を踏むのではないでしょうか。
先生の益々のご活躍とNEXTに期待しております。

大変面白く読ませていただきました。前に「生物と無生物のあいだ」を読み、先生の著作に関心を持っていたところ、ビデオニュースに出演していた先生の話を聞き、この本を購入しました。専門知識はさることながら小説さながらの面白さ、その達筆に敬服します。

さて、第8章のがんの発生に関するところで、男女比の年齢別グラフによると55歳以降急激にその差が開いて男の罹患率が高くなっています。その最大の要因はテストステロンの放出による免疫力の低下によるものと受け止めました。私は現在66歳ですから老化の過程に入っています。老化は個々の細胞の死滅に伴なうものだと理解しますが、テストステロンが減少していることも実感します。とすると免疫力が低下する速度も若い頃に比べると遅くなるのではないかと思うのですが、どうして55歳以降に罹患率が高くなるのでしょうか、お教えいただきたいと存じます。

エピローグはまさに小説の世界でした。哲学的問題でもありましょう。「性の快感」について、私なりの思いを述べます。先生はジェットコースターに例えられました。謂い得て妙です。言い換えれば死と隣り合わせの喪失感ではないでしょうか。恐怖の快感。ジョルジュ・バタイユがいう「エロティシズム」。いわゆる脱境界感とでも言うのでしょうか。そして、社会性を抜きにしても、どこか悪徳感を感じませんか。そして、恐怖の極まりに抗して笑いが発生します。
以上が私の説です。ますますのご活躍を期待いたします。

こういった人の存在意義にまで言及する内容には反対です。

福岡さんにどういう意図があるにしろ、
人の受け取り方は様々です。
社会が虚構なら、できそこないや、
優劣といった言葉もまた虚構ではないでしょうか?
生物学的という言葉自体も、虚構だと思います。
生物が生きている意味を決め付ける事と
同じだと思います。

個人的には、結果は全部後付で、
進化論に対しては進化ではなく変化だと思っています。
前が劣っていて後ろが優れているわけでもなく。

しかし、福岡さんの文章はとても分かりやすく、
惹きつけられる魅力があるので、そういった意味でも
もう少しご自身の立場と影響力を考えてくださると、
とてもありがたいです。
福岡さんほど賢く、お立場のある方には、
使い方次第で人を嫌な気分にさせる力があるんです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1072489/22820162

この記事へのトラックバック一覧です: 新刊が発売されました!:

« 『生命と食』 | トップページ | 活動情報掲載ブログをオープンしました。 »

フォト

プロフィール

  • 福岡伸一
    生物学者・青山学院大学教授。1959年東京生まれ。京都大学卒。ベストセラー『生物と無生物のあいだ』、『動的平衡』ほか、「生命とは何か」を分かりやすく解説した著書多数。他に『世界は分けてもわからない』、『できそこないの男たち』、『動的平衡2』、『ルリボシカミキリの青』、『フェルメール 光の王国』、『せいめいのはなし』、『福岡ハカセの本棚』、『生命の逆襲』、『動的平衡ダイアローグ』など。

    ※お仕事に関するお問い合わせは、下記へお願いします。
    (株)トド・プレス
    福岡伸一担当
    TEL:03-3524-9572(木楽舎 内)

連載

その他の活動

  • 有限責任中間法人ロハスクラブ理事
    朝日新聞書評委員
無料ブログはココログ