トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月30日 (水)

『ロハスの思考』

ロハスの思考 (ソトコト新書)

ロハスの思考 (ソトコト新書)

著者:福岡 伸一

ロハスの思考 (ソトコト新書)

●「ロハスとは、ある種の思想革命である」
著者・福岡伸一が、科学者の視点から「ロハス」を分析。
身近な事象をあげながら、ロハスの本質を楽しくわかりやすく解説。
「ロハスとは何か?」がわかる一冊です。
音楽家の坂本龍一氏やチェリストのヨーヨー・マなど、
雑誌「ソトコト」誌上での対談も再録。

2008年7月29日 (火)

『プリオン説はほんとうか?』

プリオン説はほんとうか?―タンパク質病原体説をめぐるミステリー (ブルーバックス)

プリオン説はほんとうか?―タンパク質病原体説をめぐるミステリー (ブルーバックス)

著者:福岡 伸一

プリオン説はほんとうか?―タンパク質病原体説をめぐるミステリー (ブルーバックス)

●狂牛病の原因をタンパク質病原体とする
プルシナーのノーベル賞受賞の定説に一石を投じた話題作。
2006年講談社出版文化賞受賞。

トップページ | 2008年8月 »

フォト

プロフィール

  • 福岡伸一
    生物学者・青山学院大学教授。1959年東京生まれ。京都大学卒。ベストセラー『生物と無生物のあいだ』、『動的平衡』ほか、「生命とは何か」を分かりやすく解説した著書多数。他に『世界は分けてもわからない』、『できそこないの男たち』、『動的平衡2』、『ルリボシカミキリの青』、『フェルメール 光の王国』、『せいめいのはなし』、『福岡ハカセの本棚』、『生命の逆襲』、『動的平衡ダイアローグ』など。

    ※お仕事に関するお問い合わせは、下記へお願いします。
    (株)トド・プレス
    福岡伸一担当
    TEL:03-3524-9572(木楽舎 内)

連載

その他の活動

  • 有限責任中間法人ロハスクラブ理事
    朝日新聞書評委員
無料ブログはココログ